糖尿病患者専用の食事で回復|現代病を打ち負かせ

病食は工夫して気を付ける

ご飯

腎臓病になると食事に気をつけます。病気の進度によって制限値は変わりますが、塩分とタンパク質、カリウムなどに注意しましょう。極端にエネルギー摂取量を減らすことは、タンパク質の分解が不十分になり腎臓によくありません。調理方法を工夫したり宅配を使用し、準備の負担を減らすことが出来るので活用しましょう。

もっと見る

食生活から改善しよう

和食

普段の食生活から考える

糖尿病を改善するための方法は、食事・運動・薬物治療が基本ですが、この中で一番身近なのが毎日三食の食事です。糖尿病のために食事というと、簡単に思いつくのが糖質を制限した献立です。もちろん糖質のコントロールも重要ですが、基本的に大事なことは必要なカロリーが守られた献立、三大栄養素が含まれている食品、ミネラルが摂取できる食事です。必要以上にカロリーがある食事は肥満を招き、インスリンが消費されてしまいます。たとえ糖尿病といえど、脂質やタンパク質は身体のために必要な栄養素なので、制限されたカロリーの中でも摂取しましょう。それに重要なのがミネラルやビタミンです。これらの中には、摂取された塩分を体外に排出するために効果的なものや血管に良いとされるものが含まれます。

御酢と調味料

糖尿病の食事療法は制限があって辛い、と感じることがあるかもしれません。特に脂っぽいものや濃い味付けに慣れてしまっている人にとっては、味気ない物でしょう。そんな時、普段の食事をより楽しむために調味料やスパイスが活躍します。醤油やマヨネーズのかわりに、唐辛子や御酢を献立に取り入れましょう。特に御酢は疲労回復や殺菌に効果があるといわれています。さらに御酢の中に含まれるクエン酸には、動脈硬化を防ぐ効果があるといわれています。毎日の食事の中で御酢を取り入れるのは難しいかと思いますが、最近では飲用の御酢やジュースも販売されています。一応気をつけたいのが、どんなものでも過剰に摂取すると身体の不調を招くということです。唐辛子は刺激物なので、体調と相談して献立に取り入れましょう。

信頼のある療法食の宅配

トラック

武蔵野フーズの健康宅配は、食事療法が必要な患者さん向けの療法食を配達してくれるサービスです。しかも味付けが関西風ということで、関東風の味付けに慣れていない患者さんにもうれしい配慮がされています。ただし関東と中部地方以外は、健康宅配の冷蔵食のサービスが利用できませんので注意しましょう。

もっと見る

高くなった血圧を下げる

食事

高血圧になる事で、脳卒中や心筋梗塞など様々な病気の原因になるので、正しい方法によって改善する事が必要です。食事療法や運動療法によって改善する事が出来ますが、医師と相談しながら治療する事で効率よく改善する事が出来ます。

もっと見る